スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なっちゃん帰還

午後6時過ぎ、やっとなっちゃんをお迎えに行くことが
できました。

他の患者さんがいたのでしばし待つことに。
看護士さんが「先に顔だけでも見られますか?」と言われたのですが、
泣いちゃったら困るかなあと思って「後でいいです」と。

しばらく待ってたらなっちゃんの泣き声が・・・・
私が来たの分かったのかな? 痛々しい声で、聞いたとたんじわっと
きてしまいました。辛かったんだなあ・・・・

出てきたなっちゃんはエリザベスカラーでした。最初お洋服を着せたりして
過ごせないかとも思ったのですが、先生がやはり抜糸まではこれを
つけていてください、と言われたのでそうすることに。しばらく不自由ですが
実家に居たワンも最初だけ不自由そうでしたが慣れてきていましたし。。

さすがに空腹だし術後ということもあり なっちゃんはすぐに床にぺたりと。

実はスーパーでちゃんとご飯の材料を買ったのですが、今夜は吐くかも
しれないから、水くらいにしてくださいと言われました(そうだよね)

帰ってから最初お気に入りのソファに寝かせましたが、どうも見てて
体制が悪そうだったので私のベッド下のなっちゃんのマットに寝かせました
相当疲れたのでしょう。もうずっと寝ています。

傷跡は予想していたより大きくて痛々しそうで、直視できませんでした。
明日からは毎日消毒してあげないといけないのですが。
ああ できたら会社休んでついててあげたいのになあ・・・・

なっちゃんには家に来たときから試練を与えているような気がして。
もっと幸せにしたいのになあ。お留守番犬から一緒に通勤できるように
なるまでがんばるからね!

お水もすこーしだけ飲んで休んでいます。
抜糸は10日後。ちゃんと休んで健康になって思い切り遊ぼうね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なっちゃん、無事に終わったんですね^^

MIYAKOさんの日記を読んでると涙がじわっとv-409
うるうるしてしまいました。実際、日和にも大人になってからすることに
なるんでしょうけど、当日、もうドキドキで震えてオロオロして
泣いてしまうんだろうと思ってます。。。

でも、ワンは強いよね。私、一昨年に子宮系の病気でお腹を横に10㎝位
切ったんですが、痛み止めの麻酔を背中にずーーーっとしてましたもの…。
一日ずーーーっと寝てて起き上がる時、やっとの思いだったもの…。。。
あ~、うちの猫の時の事も思い出してしまいました。

>日和ママさん

実家のワンのときは、妹が連れて行ってたし、
もうかなり大人になっていたので、帰ってきてエリザベスカラーを
見たときは正直笑ってしまったくらいなんです。
今思うと失礼な話ですよね。でも♂だったので、傷口もあまり
分かりませんでしたが、♀は結構傷きついです~

私はもうかなり前(10数年)にはなりますが、2度ほど全身麻酔の
手術をしたことがあります。そうそう麻酔背中にずーっとつけっぱなしでした
手もしばらくはしびれてました。

なっちゃん、朝はちゃんと手作りご飯をぱくぱく食べてくれました~^^
まだカラーに慣れなくて動いては固まっています。
プロフィール

MIYAKO

Author:MIYAKO
赤柴犬:「夏姫(なつき)」 なっちゃん。

2008年6月4日生まれ


血統書名:「芸州篤姫号」

犬舎号 旭日庵

お父さん: 秋葉の黒竜号:長州秋葉荘

お母さん: 芸州小町姫号:旭日庵
                 

トイプードル:春樹(はるき):ハル。

2009年4月17日生まれ

犬舎:ブンゴヒルズ(大分)

血統書名: ドルフィン・マイケル


***************************

MIYAKO:趣味ベア作り(製作歴15年)
       わんこを愛でる事^^)
               

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。